看護師という職業は、その過酷な勤務内容や、不規則な勤務によって、敬遠されがちな職業でもあります。しかし、その反面、誰かの役に立てること、命を繋ぐ大事な仕事と言う意味では、やりがいのある仕事と言えます。そんな、私たちの生活に必要不可欠な職業の看護師ですが、その給与問題は深刻です。

特に看護師は、その職場や経験によって、給与が大きく違いますが、給与に関する理由で転職を考える看護師も多いようです。また、新人の看護師では、手取り20万円前後であることが多く、国立病院などでは、20万円に満たないケースも珍しくないそうです。このように、勤務内容がどれほど過酷であろうと、休みが少なかろうと、そのきつさが給与に反映されることがない場合も少なくないのです。また、海外においても、日本の看護師は、重労働の割に給与が低いと言われています。国家資格を要する仕事であるにも関わらず、その給与の低さは、アルバイトやパートの方と変わらないほどです。

国家資格の種類は様々ありますが、弁護士や医師ですと、平均して約1000万円~1500万円の収入を得ていると言います。一方で、医療に携わる薬剤師で500万円~600万円、看護師では300万円~500万円と、同じ国家資格でも、年収は下がっていきます。もちろん、働く職場によってはこの限りではありませんが、看護師の転職が多い理由のひとつに、給与が低いことが挙げられるのです。ちなみに、看護師の転職先には様々な種類があり、収入もそれぞれです。給与の高い職場に転職することで、この問題は解決するでしょう。