女性の多い職業のひとつである看護師ですが、やはり、結婚や出産などの一大イベントが、転職の理由となることも多いようです。もちろん、結婚しても働く方や、産前産後休暇をつかい、働き続けることも可能です。しかし、結婚に伴い職場から遠い場所に引っ越すことになった、産後の仕事復帰に不安が残る、などの理由から、一時離職し、落ち着いた時に職場復帰しようという考える女性も少なくありません。

こうした、潜在看護師と呼ばれる、看護師資格を持っているものの、何らかの理由で就職していない人が増えています。また、近年では大分整ってきた子育て支援の環境ですが、民間の中小病院などでは、保育施設のないところもあり、勤続が難しいケースもあります。収入が多少、少なくなることが考えられますが、民間の病院に比べると、国公立病院のほうが、子育て支援環境が整っていることが多いようです。

更に言うと、結婚し、出産を経験した女性が、看護の現場に復帰することで、大きなストレスを抱えることも多いようです。看護師という重労働に加え、家では家事と育児に追われ、疲れが蓄積しているような時です。育児や家事と看護師の仕事を両立することは、並大抵の努力では出来ません。しかし、必ずしも出来ないわけではないのです。実際に、看護師の仕事をしながら育児をしている方が大勢いらっしゃいます。そのようなライフスタイルを確立させるには、まず、今の職場を見直し、新しい勤務地に転職することが必要な場合もあります。