女性の多い職場である看護の現場では、自分の生活スタイルに合わないという理由で、転職を考える方が多いようです。例えば、結婚をし、夕食の支度をしなくてはいけないのに、夜勤のシフトを組まれ、配偶者から不満が出る場合です。

こういった場合は、外来のみの民間クリニックや日勤専従の病院などが、転職先として望ましいでしょう。訪問看護では、急遽電話があったときのみ、夜の勤務をするところもあります。自宅待機のある日は、事前に配偶者に断っておくと、高収入も見込めるでしょう。美容外科看護師、産業看護師も、夜勤がないことで人気の高い職場と言えます。次に、出産を終え、幼い子供を育てながら働きたい看護師を例に挙げます。この場合、夜勤がないことはもちろんですが、勤務中、子供を預ける施設が必要となります。保育園に登録し、子供を預けられる場合はそれで良いのですが、近年、都内を中心に保育園には待機児童がおり、希望者すべての預け入れが出来ないことが多いようです。そこで、院内に24時間託児のある病院が、転職先に向いています。働くママに優しい職場環境のある、理解のある病院を選びましょう。

また、産後産前休暇や育児休暇をとっても、同僚に睨まれないような職場であること、復帰しやすい環境であることが大事です。子育てと看護の仕事を両立することは、容易なことではありませんが、職場環境次第では、快適に両立することが出来るのではないでしょうか。