看護の現場で働く多くの看護師は、看護学校で学んだことだけでは、看護師としての自信を持つことは出来ません。看護学校で得た知識を持ち、新人の看護師として、実際の現場で教育を受け、経験を積むことで、やっと看護師として、やりがいのある仕事をすることが出来るのです。

どれほど実習研修を行っても、実際に働き出してみると、その病院のやり方や患者さんへの対応方法を、短期間で覚えることは、困難です。そんな時、クリニカルラダー制度が整った環境であるか否かが、今後の看護師人生に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。クリニカルラダー制度とは、看護師としてスタートした新人が、段階を踏み、その病院にとって大きな戦力となるような素晴らしい人材を育てるための、キャリア開発プログラムの一種です。

その中で、先輩の看護師がマンツーマンで教育をする、プリセプター制度をとっている病院もあります。マンツーマンで教育指導することで、よりよい人間関係を築くと共に、分からないことを気軽に質問できる環境を得ることが出来ます。緊張して、分からないことが分からないままにならぬよう、プリセプター制度は重要なトレーニングプログラムであると思います。しかし、近年多くの医療現場で、効率の悪さや看護師の不足から、このような制度を取りやめています。看護師としての自信がなく、経験も浅く、教育体制の整った転職先を希望している方は、このような教育制度のしっかりしている職場を選びましょう。