看護師にとって、職場の選択肢がますます広がってきている昨今、その収入、勤務体系、勤務内容は多岐に渡ります。病院やクリニックの中で病棟勤務する看護師だけでなく、企業の一員となり社員の健康管理を行う産業(企業)看護師、高齢化社会で需要が高まりつつある訪問看護師や老人ホームの常駐看護師、新薬などの治験をサポートする治験コーディネーターなど、様々な職場が、看護師の求人を出しています。

しかし、様々な看護の職場がある中で、勤務内容は未知数でもあります。今まで病棟勤務をしていた看護師が、一歩別の職場に踏み出したところで、職場では初心者であることに違いありません。収入が良くて飛び込んだ新たな職場で、右も左も分からず、後悔することが出てくるかもしれません。看護師不足が深刻化している企業(病院)側は、少しでも多くの転職希望者に転職先として選んでほしいと考えています。仕事がハードで看護師の転職率の高い職場では、高い収入を提示するでしょう。人間関係が悪く、職場全体の雰囲気の悪い職場でも、看護師を獲得するため、勤務体系などで好条件を提示するでしょう。

このように、条件が異様なまでに良すぎる求人情報は、一度疑う必要があります。しかし、様々な職種がある中で、どのくらいの条件が大体の相場であるか、分かるものでもありません。そこで、転職サイトなどで働くキャリアコンサルタントに、その旨を伝え、簡単な仕事内容の説明や収入の相場を聞くことが必要になってきます。まずは、色々な職種の特徴を知り、妥当な収入相場を把握することが重要です。