他の職業に比べ、看護師は、転職率が高い職業と言えます。これによって、他の職業と比べ、求人情報が多く出回っている職業でもあります。医療の現場で働きたいと考える人が少なくなったこと、高齢化社会で人手が不足していることからも、医師や看護師が足りずに、医療の現場は、深刻な事態を迎えています。

女性の多い職場という視点からも、潜在看護師が多く存在することも頷けます。沢山の問題を抱えている医療現場ですが、まずは、潜在看護師が働きたいと思える職場を、企業側が整えていくことが大切だと感じます。また、看護師が希望通りの職場で働けるサポートをするキャリアコンサルタントは、看護師と言う職業だからこそ、必要不可欠だとも感じます。現在、看護師の転職市場は、もはや売り手市場と言えるでしょう。そしてそれは、現在の少子高齢化が進むと、今後さらに深刻化していくと言われています。企業側は、看護師の働きやすい職場を整え、看護師は、いかに自分のスキルを生かして気持ち良く働けるかを考えます。それが、今後の医療にとって重要なことになります。出来るだけ多くの潜在看護師が看護の現場に戻り、何かしらの不満を抱え転職を希望する看護師の転職選びが成功し、多くの看護師が働いてくれることで、私たちの生活は支えられてゆきます。

迷える看護師が、自分の居場所を探し求めています。それをサポートすることは、今後の医療や日本において、大きな進化となるのではないでしょうか。企業と看護師の橋渡しをするキャリアコンサルタントは、日本の医療を支える1本の柱と言えるかもしれません。