看護師から訪問看護師へ転職する方は、年々増加傾向にあります。少子高齢化が叫ばれる近年、在宅で看護を受けるお年寄りが増加の一途を辿っています。病院に入院し続けることが困難になった患者さんや、退院したものの心配がある患者さんを対象に、家族の意向に沿った看護を求められます。

訪問看護は、病院から派遣されることもありますが、多くは老人ホームやデイサービスセンターなどと連携している場合が多く、そこから1名、または2名体制で、患者の自宅へ訪問することになります。そのため、普通自動車運転免許を持っていることが条件となるでしょう。数件の患者さん宅を訪問することになるため、フットワークの軽さも求められます。訪問看護は、高齢化の煽りを受け、今後も需要が高まるであろう職場です。病院勤務歴の長い、ベテラン看護師に人気のある転職先で、社会の貢献度が非常に高い職業と言えるため、やりがいを持つことが出来ます。

また、流れ作業のように業務を行う病院勤務の仕事と比べると、患者さん1人1人に多くの時間を費やし、ゆっくりと話を聞きながら看護ケア出来るのも、魅力のひとつです。もちろん、患者さんには主治医がいますので、主治医と連絡を取り合い、協力して治療をすることになります。単独で看護ケアを行うので、責任のある職業ではありますが、キャリアアップを目指す方にも、多くの経験を積み、成長したい方にも、お勧めの転職先と言えます。新人の看護師にとっては、少し荷の重い仕事となるかもしれません。