同じ看護の仕事でも、看護師と保健師はその業務内容が少し違います。看護師から保健師へ転職することにより、看護師と保健師の資格どちらも有していることになるので、更に活躍の場が広がります。一般に保健師の資格を持っていると、地域の健康管理や企業内の健康管理を含めた、国民全体の健康管理をする現場で活躍をすることが出来ます。

例えば、母子の健康管理です。市役所、区役所などで行われる一歳半健診などの、県によって決められた健診の際に、運営や保健指導、相談などを担います。また、保健師の資格を取得することで、産業保健師の仕事に転職することも可能です。その地域に住む、幅広い年代の住民に対して、栄養管理や病気の予防など、様々な医療の知識を伝えていく、重要な役割を果たします。時には、住民の自宅に家庭訪問し、保健指導を行うこともあります。

その他には、検診センターのような医療機関で働くことも可能です。看護師から保健師に転職するには、保健師養成機関に入学し、資格を取得することが必要になるため、長い道のりとなるでしょう。但し、大学などの看護学科では、看護師資格と保健師資格の両方を取得することの出来るところもあるそうです。よって、看護師免許のみを取得している看護師が、すぐに保健師の仕事に転職出来るということは、困難です。しかしその分、やりがいのある仕事に出会える可能性は増え、転職の選択肢は広がります。時間があり、新しい分野にキャリアアップしたい方は、是非保健師を目指してみてはいかがでしょうか。