皆さんは、かつて産婆さんと呼ばれていた職業をご存知ですか。出産に立ち会い、産婦に対してケアを行い、無事に赤ちゃんを取り上げる、体力の要する重要な仕事でした。今は助産師と呼び方は変わりましたが、産婦人科、助産院、保健センターなどで活躍する、お産に携わる仕事をする看護師のことを指します。

看護師と言っても、看護師免許のみでは助産師になることは出来ません。看護師免許の取得後、決められた養成施設で知識を学んだ後、実習を行います。この教育は1年以上ですが、更に卒業後、助産師になるための国家試験を受けます。もしも、現在看護師として働いている方が助産師へ転職するとなると、1年以上の期間が必要になります。看護師と同じく、助産師不足も深刻化しているので、求人情報は比較的多いように感じます。しかし、長い教育期間を経て取得する助産師免許を、看護師の仕事をしながら取得するには、大変なことも多いでしょう。その分、赤ちゃんの生まれる瞬間に立ち会うことの出来る、素晴らしい職業だという方が多いのも事実です。

助産師は、産婆さんのように、赤ちゃんを取り上げるだけの存在ではありません。妊婦健診のサポートをし、保健指導を行い、分娩と産後のことを詳しく指導します。更には、母乳指導、育児指導、産婦の健康管理も仕事のひとつです。お産に携わる様々な仕事を担う、大事な仕事ですが、沢山の喜びと感動が溢れる、憧れの職業でもあります。看護師から助産師への転職は、容易ではありませんが、ひとつのキャリアアップとして、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。